シミ消し、レーザーで行ったときの値段は?高い?安い?

シミをすぐに消したい!
しつこいシミを徹底的に消し去りたい!

 

そんな時にはやはり化粧品よりもレーザーなど美容皮膚科やクリニックでケアするのが早いです。
ここではレーザーでシミ消しを行ったときの値段をはじめレーザーの種類、そしてレーザーでシミ消しを行った場合のメリット・デメリットをまとめていきます。

 

レーザー シミ消し

 

美容クリニックでシミを消す、というとレーザーが思いつくかと思いますが、実は他にも方法があります。
そういった別の方法も簡単に紹介していきたいと思います。

 

純粋にシミだけケアしたいという場合にはレーザーが早いと思いますが、例えば毛穴やたるみ、ニキビ跡などもある場合にはレーザーではなく別の方法の方がいい可能性もあるかと思います。

 

 

シミ消しをレーザーで行う場合

 

レーザー シミ消し

 

美容皮膚科やクリニックなどレーザーを使ったシミ消しも大分増えてきています。
今まではなかなか敷居が高い印象も強かったですが、以前より値段が手ごろになってきたこともあり、シミ消しをレーザーで行うのも気軽にできるようになってきたと思います。

 

レーザーでのシミ消しもメリットだけでなくデメリットももちろんあります。
とはいえ、上手くいけばかなり早く手軽なのは一番のメリットではないでしょうか。
レーザーのメリット・デメリットもまたまとめていきますが、まずはレーザーでのシミ消し、種類と値段についてまとめていきます。

 

 

レーザーでのシミ消し

 

レーザー治療でシミを消すというのは、実は全てのシミに有効という訳ではありません。
基本的に日焼け・紫外線からできる一般的なシミ、老人性色素斑のシミが効果的とされています。
また、そばかす(雀卵斑)にも有効とされていますが、諸説あるようですので、そばかすがある人はクリニックの先生によく伺って下さい。

 

まずはレーザー治療とはどういうものか簡単に説明します。

 

 

レーザー治療とは

 

エネルギーの強い光線で色素細胞をピンポイントで照射し、メラニン色素を持った細胞のみを破壊する。
レーザー治療は肌の真皮にあるメラニンを持つ細胞まで破壊するため、シミには広く使われます。
特にシミが進んで盛り上がったシミにはレーザーでないとダメとされます。

 

一方、ニキビ跡や炎症でできたシミ、炎症性色素沈着、肝斑などは逆に濃くなる可能性があり、レーザー治療は向かないとされます。

 

 

レーザーは黒い色に反応するため、ぼやけたシミや薄いシミよりも
はっきりとした濃い、黒いくらいのシミの方が効くそうですよ。

 

 

 

レーザーの種類とレーザーでのシミ消しの値段

 

シミ消しの値段

 

シミ消しに使用されるレーザーにも種類があります。

 

 

  • ルビーレーザー
  • YAG(ヤグ)レーザー
  • アレキサンドライトレーザー

 

これらが主流。

 

レーザー後は軽いやけどのような状態になるため一週間ほどかさぶたのようになります。
テープなどを貼って隠す・カバーすることもあります。

 

レーザーでシミ消しを行った場合の値段は

 

一か所5000円ほど

 

深いシミだと2、3回の照射が必要となる。

 

 

※最近はクリニックなどによっては「シミ取り放題」などのプランもあります。
複数のシミが気になる場合にはそういったプランを使う方がお得ではありますが、口コミを見ているとお得さよりも腕やアフターフォローがしっかりしている方がいいようです。
そのあたりはご自身の好みというか価値観に左右されますが、、
顔に関することですので、口コミなど評判もしっかり調べて、いい先生にかかった方がいいと思います。

 

 

レーザーでシミ消しをする際のメリット・デメリット

 

レーザーのメリット・デメリット

 

レーザーでのシミ消しのメリット

 

早くにシミ消しができる

 

レーザーを使ったシミ消しだと早ければ一か月などの短期間でシミが消えるケースもあります。
もっとかかる場合もありますが、比較的早くにシミを消せる、シミ取りができるので
速さを求めている人には人気がありますし、支持されるのもわかります。

 

 

専門家に診てもらえるので安心

 

美容皮膚科や美容クリニックでお医者さんに診てもらえると安心です。
施術も基本的には先生がやってくれるハズなのでシミの状態も診てもらえるのがいいですね。

 

一度にいくつものシミを消せる可能性も

 

いくつもの気になるシミをある程度一気に消してもらえる可能性もあります。
肌の状態やシミの状態にもよりますが、一気にまとめてシミ対策ができるのはいいですよね。
「シミ取り放題」のようなプランを実施しているクリニックなどもあるのでそういうプランを活用するのもいいと思います。

 

 

 

レーザーでのシミ消しのデメリット

 

値段が高い場合も

 

レーザーでのシミ消しの相場は一か所5000円程度です。
これを高いと取るか安いと取るかは・・個人的なものですが、シミの状態によっては複数回通う必要がある場合もあります。
また、どういうプランや値段設定かどうかは個々のクリニックで異なるので、受ける前によく確認してみてください。

 

 

効かない・濃くなるケースもある

 

シミの種類によってはレーザーが効かない・逆に濃くなるケースもあるようです。
特にニキビ跡がシミになったような炎症性のシミについてはレーザーは適さないようです。

 

またネットで口コミを見ていると普通のシミでも濃くなったという声もあります。
レーザー後は肌が敏感になっているのでいつも以上に紫外線に気を付ける必要があります。
そういうケアを適切に行わないことでシミが濃くなったという可能性もあるかと思うので、レーザー後のケアもちゃんとした方がいいと思います。

 

 

レーザーができないシミもある

 

レーザー、シミの種類によってはレーザーができないケースもあるようです。
受ける前に先生がしっかり見てくれるとは思うのですが、不安だなと思ったらしっかり確認した方がいいと思いますよ。

 

 

近くにクリニックがないケースも

 

田舎とかですと近くにクリニックがないケースもあります。
また一応あるけれど怪しい・・なんて場合もありますよね。

 

レーザーでのシミ消しの口コミを見ているとやっぱり顔に行うことなので腕のいい先生にやってもらった方がいいです。
無理して?怪しいクリニックよりも、ちょっと遠くても口コミのいいクリニックの方がいいと思います。
ただ、何かあった場合には診てもらうことも考えて、通いやすいところというのも大事だと思いますよ。

 

 

 

 

 

レーザー以外の美容医療

 

レーザー以外のシミ消し

 

ここではレーザーでのシミ消し以外にシミや美白にいいとされる美容医療についてまとめていきたいと思います。

 

 

イオン導入

 

肌に微弱な電流を流して有効成分を肌内部にまで浸透させる方法。

 

自宅で自家用美顔器でイオン導入をする人も多いが、やはりエステやクリニックで行うと全然違う。
一般的にはビタミンC誘導体を使う→美白・コラーゲン生成に効果があるとされる。
シミやシワの改善で選択されることも。

 

1回3000円〜10000円程度。
2週間〜4週間に1回程度行う。

 

ケミカルピーリング後にイオン導入を行うとより効果的。

 

 

 

ケミカルピーリング

 

ターンオーバーが乱れて肌トラブルが発生した肌に対し、薬剤の力で皮膚の表面をはがれやすくしてターンオーバーを正常化。
毛穴のつまり、開き、角栓、ニキビ、ニキビ跡、小じわ、くすみ、ハリなどに効果的。

 

こちらも自宅でピーリングを行う人もいるが、クリニックの方がより強力。
自宅ではピーリング作用のある化粧品を使ったケアの方が安全でいいと思います。
(自分で使えるピーリング作用のある化粧品、いい商品も増えていますので)

 

1回5000円〜20000円。
2週間から4週間に1回程度。

 

 

 

エレクトロポーレーション

 

皮膚の上層部の細胞に電気の力で一時的に隙間を開けて有効成分を真皮層にまで送り込む。
成長因子やヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンなどイオン導入と比べて大きい分子も浸透させることが出来るため
イオン導入の10倍・20倍の効果があるとされる。
シミ・シワ・くすみ・たるみなどに。

 

1回8000円〜20000円。
2週間に2回、6〜8回。持続させるのが大切。

 

 

 

シミは進ませない、予防が基本

 

シミは予防。

 

シミはもちろん、たるみなどエイジングケアなどでよく言われるのが

 

「進ませない・未然に防ぐ」

 

ということ。

 

とはいえ、できてしまったシミは早くに消したいもの。
近くにいいクリニックや美容皮膚科があれば、レーザー治療などもシミ消しの選択肢になるかと思います。

 

ただ、酷いシミをレーザーで消したとしても、その後もしっかりシミ予防・対策をしていく必要があります。

 

 

自分でできるシミ予防

 

シミの予防としては紫外線対策、美白コスメは有効です。
目に見えるシミができる前からUV対策、セルフケアでシミ・美白化粧品を使うことは有効です。
また、肌の老化対策には抗酸化も有効とされます。

 

 

抗酸化でシミ対策

 

自分でできるシミ予防

 

ストレス・不規則なライフスタイルなどで自律神経が乱れると活性酸素が増えます。
活性酸素はシミはもちろん老化を促進させる物質。

 

活性酸素というと生活習慣だけのこと・・と思いがちですが、実は化粧品からでも影響があるのです。
どういうことかというと皮脂や化粧品に含まれる油が参加することで過酸化脂質となると肌の上で活性酸素を生み出してしまうそう。

 

肌をよくするために使う化粧品が逆の悪影響を与えることになるかも、というのは怖いですよね。

 

 

活性酸素対策としては抗酸化

 

ワイン

 

体内の活性酸素対策ならポリフェノールなど‘抗酸化力’が高い食品を摂取することが有効とされます。
テレビなどでも抗酸化力が高いものは健康・美容にいいとよく紹介されていますね。

 

肌に対しても抗酸化成分配合の化粧品を使うのもおすすめです。
抗酸化作用のあるものについてはまたまとめますが、化粧品ならビタミンC、ビタミンE、フラーレンなどが配合されている化粧品はおすすめですよ。

 

特にビタミンC誘導体は美白効果もあるとされるので一石二鳥。おすすめです。
当サイトで紹介しているビーグレンはCセラムというビタミンC美容液があります。
美白はもちろん毛穴やニキビにもいいと評判の化粧品です。

 

cセラム

 

 

ビーグレンは‘シミの消しゴム’と言われるハイドロキノン配合のシミクリームもあります。
シミのトライアルセットにはハイドロキノンクリームにCセラムも入っているので両方試すことができます。

 

ビーグレンはQuSomeという独自の技術で肌の奥まで届けるという他の化粧品とは違う機能があります。
なので効果が高いと口コミでも評判です。

 

 

まとめ

 

レーザー治療後もUVケアは必須

 

ここではシミ消しをレーザーで行った場合、またレーザー以外の美容医療の方法について紹介しました。
また、レーザーでシミ消しを行ったとしても大切な「シミを作らないためのセルフケア」について少し紹介しました。

 

出来てしまったシミを消したいという場合、やはり手っ取り早いのはレーザーなど美容クリニックや美容皮膚科にかかるのが一番かと思います。
ただ、それなりにデメリットもあるんですね。
値段や時間などだけでなくシミの状態によっては逆にシミが濃くなったり色々ケースがあるようですので、レーザーなどでシミ消しを考えている場合にはクリニックの先生にしっかりと話を聞いて納得した上で受ける方がいいと思います。

 

レーザーでシミ消しをした場合でもその後の紫外線を防ぐこと、美白スキンケアは自分で行う必須のケアです。
簡単にレーザーでシミが消せたとしてもその後シミができなくなる訳ではないので、その後シミを作らないためには徹底した予防とケアが大切になります。

 

クリニックで販売している化粧品などがあればそれを紹介される可能性もあるかと思いますが、
自分の肌に合った美白化粧品やシミに良かったと口コミで評価の高い化粧品を日々のケアで取り入れていくことはレーザーでのシミ消し後も大事です。

 

まずシミ消しにいいと言われる化粧品でケアしてみて、やっぱりもっと早くシミを消したいなと感じたらレーザー治療を選択する、などの方法もアリかと思います。

 

レーザーでシミ消しをしたら、シミからはおさらば!もう気にしなくていい♪なんて思っていましたが、
そこからシミを作らない肌になるには予防が肝心。しっかりとケアしていくことでシミのない、綺麗な肌を保ちたいものですね。

 

 

 

管理人イチオシのシミ消しクリーム紹介中

 

シミ消しクリームランキングトップへ